平成28年度 VSAT 第2回メンバーイベント(2017.2.10(金)仙台)

2016/12/19 19:56 に Site Administrator VSAT, が投稿   [ 2016/12/19 21:41 に更新しました ]
今回は、塩入諭先生(東北大学)、一川誠先生 (千葉大学)、石井雅博先生(札幌市立大学)を講師にお迎えし、視覚を刺激とした空間、時間の認識の最新研究に加えて、怖い・かわいいといった人間の感情にまで幅を広げ、視覚の影響と機能を考えてみたいと思います。多数のVSATメンバー の皆様のご参加をお待ちしております。(幹事:栗木、石井、山内)

★日時 平成28年2月10日(金)
     13:40 受付開始,  14:00-17:30(講演会),18:00-20:00(交流会)

★場所 東北大学 電気通信研究所 本館4階セミナー室(M431号室)
      (〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平二丁目1-1
    アクセスマップ http://www.riec.tohoku.ac.jp/access/

★参加費    講演会:無料、 交流会:4,000円/人(予定)

★プログラム(時間については若干の変更がある場合がございます。)

 13:40 受付開始

 14:00 開会の挨拶

 14:05 - 15:05  講演1:「視覚的注意とその身体性」
塩入 諭 先生(東北大学 電気通信研究所 教授)
複雑で動的な世界で生きるためは、注意による認識対象の選択と的確な行動の選択が不可欠である。膨大な感覚情報から興味ある情報を選択し処理すると同時
に、対象に向けた動作を行うために必要な選択にも関与する。本講演では、脳波を利用した注意計測から明らかにされた注意の空間特性と、注意に与える行動や
身体の影響について我々の研究室の最近の研究成果の紹介を中心に、注意の認識、行動における機能理解とその応用可能性について述べる。
  15:05 - 15:15  休憩(10分)

  15:15 - 16:15 講演2:「心的時間特性と時間管理」
一川 誠 先生(千葉大学 文学部 教授)
時間的進行の速度や時点に関して一義的情報がない.そのため,時間の知覚においては,実際の時間的特性と知覚が乖離することが多く,時間に関する様々な錯
覚が存在する.たとえば,体験される時間(心的時間)の諸指標(長さ,進行速度,時間順序,同時性など)は,観察者自体の状態や刺激の特性など,様々な要
因によって変動する.今回は,視覚現象を中心に,心理学が明らかにしてきた心的時間の特性や,その基礎にある規則性について整理する.また,心的時間の特
性に基づく時間管理の方法についても解説する.
 16:15 - 16:25  休憩(10分)
 16:25 - 17:25 講演3:「怖かわいいキャラクターの見え方」
石井雅博 先生(札幌市立大学 デザイン学部 教授)
「かわいい」という形容詞は本来、赤ちゃんや少女、あるいは小動物の愛らしさを評するために使われていた。近年では、不憫に感じられる対象や皆に相手にさ
れない対象に対しても使われることがある。つまり、誰も相手にしないが自分だけは受け入れる、という場合である。さらに俗語では「キモい」「グロい」など
ネガティブな形容詞を冠した「かわいい」も使われる。本研究では「怖かわいい」キャラクターの見え方について調べた。
  17:25 閉会の挨拶

  17:30 終了

  18:00-20:00 交流会 仙台市内で計画中です (参加費4,000円の予定)

◆参加申込方法
①氏名、 ②所属団体名 ③講演会、交流会の出・欠を明記し、事務局まで「メール」でお申込下さい。なお、会場手配の都合上,参加申込は平成29年1月31日(火)までにお願い致します。 

◆問合先  視覚科学技術コンソーシアム(VSAT)事務局
        山形大学 大学院理工学研究科 情報科学分野 永井研究室内
        E-mail:office@vsat.jp

Comments